紙のいろいろな情報

用紙のサイズ一覧と用途

A列 規格判

JISによる紙加工仕上げ寸法の系列の一つ。A0~A10まであり、ドイツの工業規格をそのまま採用したものです。

サイズ名
A0 1189mm 841mm
A1 841mm 594mm
A2 594mm 420mm
A3 420mm 297mm
A4 297mm 210mm
A5 210mm 148mm
A6 148mm 105mm
A7 105mm 74mm
A8 74mm 52mm
A9 52mm 37mm
A10 37mm 26mm

B列 規格判

JISによる紙加工仕上げ寸法の系列の一つ。B0~B10まであり、美濃判をもとにする日本独特のもの。

サイズ名
B0 1456mm 1030mm
B1 1030mm 728mm
B2 728mm 515mm
B3 515mm 364mm
B4 364mm 257mm
B5 257mm 182mm
B6 182mm 128mm
B7 128mm 91mm
B8 91mm 64mm
B9 64mm 45mm
B10 45mm 32mm

全判用紙 規格

A列・B列の用紙ともに、これらの全判の規格を元にして断裁加工されています。

サイズ名 備考
A列本判 880mm 625mm A列規格の原紙
B列本判 1085mm 765mm B列規格の原紙
菊判 939mm 636mm A列規格の原紙
明治時代にはじめて輸入された紙の包装ラベル
にダリヤが印刷されていたためそれを菊に見た
てて「菊判」と呼ぶようになったと言う説と 新聞
紙の聞という文字を「キク」と訓読みして呼び習
わしたことから、通称として広まった説があります。
四六判 1091mm 788mm B列規格の原紙(一般的に販売されている「模造紙」)
江戸時代の公用紙だった美濃判の8倍大の大きさです。
これを32枚に断裁してきれいに端を切り落とすと横4寸×
縦6寸の書物ができたため「四六判」とよばれるように
なりました。
ハトロン判 1200mm 900mm 主に梱包用紙など包材向け
片面に艶出ししたケント紙、ハトロン紙のサイズで
あるためこのサイズをハトロン判と呼ぶようになりました。
ハトロン紙の語源はドイツ語のpatpronen papier
(銃弾の薬きょうに使用していた紙)から来ていると
言われています。

参考文献:北越製紙(株)資料

その他の規格

この他にも縦横比の異なるさまざまな規格がございます。

サイズ名 備考
新聞用紙 813mm 546mm  
レター 280mm 216mm アメリカの用紙のスタンダード
はがき 148mm 100mm A6よりも幅が5ミリ
名刺 91mm 55mm  
A3ノビ 453mm 328mm 各社若干異なります。
奉書判・柾判 530mm 394mm  
半紙判 333mm 242mm 書道半紙
美濃判 394mm 273mm  
L判 127mm 89mm 写真
キャビネ判 167mm 121mm 写真
F4 334mm 242mm 画材用紙
F6 409mm 318mm 画材用紙
F8 455mm 379mm 画材用紙
四ツ切 544mm 392mm 画用紙ほか(各社若干異なります)
八ツ切 392mm 272mm 画用紙ほか(各社若干異なります)

紙の厚さの表し方

ミリ(mm)とマイクロメートル(μm)

紙の厚さを上下から挟み、測定した値です。 1mm = 1000μm
一般的なコピー用紙は1枚が約0.09mm・約90μm。
また、官製はがきは約0.22mm・約230μmです。

坪量と連量

紙の厚さを単元あたりの重量で表します。
坪量は1m² あたりの紙1枚の重量を ○○g/m² で表します。
連量は紙の取引単位で一般的な洋紙ならば1000枚を1連と呼び
その1連の重量を ○○kg/xx判 と表します。

日本の一般的なコピー用紙(上質紙)は以下の単位で表すことができます。

表示方法 表示の意味 数値
厚み 1枚あたりの厚みを長さの単位で表示 0.09mm・90μm
坪量 1m² の大きさでの1枚あたりの重量 64g/m²
四六判連量 四六判 (1091X788mm)
の大きさでの1000枚重ねの重量
55kg
A判連量 A判 (880X625mm)
の大きさでの1000枚重ねの重量
35kg
菊判連量 菊判 (939X636mm)
の大きさでの1000枚重ねの重量
38kg