目録の書き方・使い方

使い方

  1. タイトルは「目録」が一般的です。
    (当社の小型の目録は簡易な贈呈用に”贈” とあらかじめ入っています。)
  2. 「 一、○○○… ×個 」という感じで品目を記入します。
  3. 日付、差出人、差し上げる方が予めわかっている場合はその方のお名前を記入します。
  4. 内方向に左・右の順番で三つ折りにします。
    (大型目録は複数の中紙が水引で留まっていますが、書き上げた一部に水引を付けます。)

ご注意

※折り目が下側になります。
※この用紙はプリンタに対応した用紙ではございません。
プリンタでのご使用には、プリンタ用和紙が付属の「プリンタ目録」シリーズをご使用下さい。
なお厳密な型式はございませんので市販の用紙にプリントしてお作り頂いても問題はございません。

ピックアップ

  1. 1960年代 ながとやカタログ
    長門屋商店のホームページのサーバーを移行いたしました。